国際理解・異文化に対する理解を深め日光市の特性を活かした市民レベルでの活動を行います。

日光市国際交流協会のニュース
日光市国際交流協会のニュース
日光の再発見『観光モデルを留学生と考える』シンポジウム(12月7日)
2019.11.18

 宇都宮大学との連帯事業「日光の再発見~観光モデルを留学生と考える~」のシンポジウムが12月7日(土)10時より宇都宮大学(峯キャンパス UUプラザ2階)で行われます。

今年度は、日光・奥日光エリアをフィールドに、①観光開発、②国際交流、③地域づくりの3つの視点から、留学生(外国人+大学生)目線でフィールドワークを実施。フィールドワークや事業者及び観光客へのインタビューを通して「観光モデル」(=あるべき姿、望まれる姿、留学生から見た魅力など)について考えます。

今回、フィールドワークの成果発表(提言・提案)を目的としたシンポジウムを下記のとおり開催いたします。
シンポジウムでは、基調講演として、平成28年度に行われた奥日光健康診断及び今後の観光地の持続可能性について、講演もいただきます。

参加希望の方は12月4日(水)までに事務局まで電話またはE-メールでご連絡ください(会員優先・先着30名)市役所から8:30に送迎バス(無料)がでます。また直接宇大に行くこともできます。シンポジウムの詳細(シンポジウム チラシ)を見てください。

ニューストピックス
  • ご入会お申込み
  • ボランティア募集
  • お問い合わせ
このページのトップへ